スタッフブログ

部位別の冷え対策

2018/01/22【 自律神経症状

先日フェイスブックで

「脛(すね)が冷える…対策はあるのかな??」

とつぶやいた友人がいました。

今日はそんな方のために、【部位別の冷え対策】についてシェアしたいと思います。

 

体温は血液によって運ばれるので、冷えを考える上で、最も大切なのは血液循環になります。そのことから、冷え対策は大きく2つの部位に分けて考えると分かりやすくなります。

①血液が少ないところ
・骨
・脂肪
・靭帯

②血液が多いところ
・筋肉

 

血液が元々少ないところは、体温が上がりにくかったり、冷えやすくなって当たり前です。
例えば、【すね】は筋肉が少ないところなので、温める方法よりも冷えない方法を優先して考えることが大切になります。
耳や鼻、膝や脂肪の多いお尻も同じです。

衣類などを工夫して、熱が逃げないようにすると効果が上がります。

友人は、スーツ姿で働かれている方なのでレッグウォーマーの着用をおすすめしました。パッチでもいいのですが、太ももの部分やお尻がゴワついてビジュアル的にかっこ悪くなりますし、簡単に脱着できる方が体温調整しやすくなります。

 

一方、血液が多いところは、【冷えやすいところ】と【冷えにくいところ】に分かれますが、基本的には運動することで温まります。
筋肉量が足りていない人が、ダイエット効果を上げるために筋トレする理由と同じです。運動することで、エネルギーを消費し発熱させます。

 

自分の筋肉量が、平均より多いのか少ないのか分からない方はぜひこれを機に計算してみてください。体脂肪率は、ご自宅の体重計などで測定してみてください。

<計算方法>

1)体重x体脂肪率=体脂肪量
2)体重-体脂肪量=除脂肪体重
3)除脂肪体重÷2=筋肉量
4)筋肉量÷体重=筋肉率

 

私の例でやってみましょう。
体重:75.6kg
体脂肪率:20.0%

1)75.65x0.2=15.13
2)75.65-15.13=60.52
3)60.52÷2=30.26
4)30.26÷75.62≒0.4(40%)

私の筋肉率は40%です。この筋肉率を平均と比べてみると…

平均筋肉率

20代後半くらいの平均になりそうです。みなさんはどうでしたか?

平均に達していない方は、まず筋肉をつけるようにしてください。
ちなみに「筋トレしてムキムキになるのが嫌だ」という方もいらっしゃいますが、大丈夫です!人はそんなに簡単にムキムキにはなれません。なっている方のほとんどは相当の努力をしているので、ちょっと運動量が増えたくらいで心配するようなことは起こりません。

筋肉率に問題ないのに冷えている方も、まずは運動をしてみてください。

運動をすると温まる方は、【運動不足】が原因です。冷えない方法よりは温まる方法を考えましょう。

運動しても温まらない方は、【食事面や自律神経の問題】かもしれません。専門医に相談してみてください。

 

ウェルネスセラピー・カイロプラクティックでは、自律神経のバランスが原因で冷えている方のご相談と対策を行っています。冬場夏場の体温調整ができる体を目指して一緒に頑張りましょう!これからも本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

 

 

住道駅すぐ
住所:大阪府大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

投稿日:2018/01/22

施術のタイミング

2018/01/18【 カイロプラクティック

先日、ヘアカットに行ってきました。

自分では
「まだもう少し行かなくてもいいかもしれない」
と思っていましたが、行ってみるとやっぱりスッキリ。

「やっぱり違いますね」
こんな会話をしていました。

 

じつは体も同じで【まだいける】と思っていても、そこが【ケア、メンテナンスに最適なタイミング】ということがよくあります。

というのも、人は【かばう】というシステムのおかげで、ケガや事故、手術でもしない限り、一つの原因で症状を出すことはありません

逆を言えば、体は【もうかばえない!】という状態になるまで教えてくれません。

 

そうなんです!!

 

自分の体に、あとどれだけ余力があるのかって、自分では分からないんです。しかも、発症した時には既に余力がなくなってしまっている状態です。

 

「これくらい我慢できる」
は、余力のない体にただひたすらムチを打ち続けている感じです。当然ですが、体を傷つけるほど回復までに時間はかかります。

 

知らず知らずのうちに、体にたまっていく症状の原因の数々を、

・発症するまで放っておくのか
・発症しても放っておくのか
・発症する前になくしてしまうのか

何を選択するかによって、その後が変わります。

 

何もなくても「前回からしばらく空いているな」と思い出したら来店してみてください。

思った以上に【自分の体って疲れていたんだな】ということに驚きますよ。

 

症状がないからと安心して、最適なタイミングを逃し続けないようにして下さいね。何度も繰り返してしまう症状、慢性的に辛い思いをされている症状は自分次第で改善できます。ウェルネスセラピー・カイロプラクティックは、これからも本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

 

住道駅すぐ
住所:大阪府大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

投稿日:2018/01/18

当日の予約方法について

2018/01/18【 お知らせ

いつもウェルネスセラピーをご利用いただきありがとうございます。

当日のご予約方法は下記となります。全ての方に、よりよいサービスの提供を目指しています。ご理解の程よろしくお願い致します。

<当日の予約方法>
・電話(080-2532-1451)
・メール(wellnesstherapy.1093@gmail.com)

<前日までの予約方法>
・施術後、店舗で次回予約
・電話
・メール
・予約システム

 

※メールの場合は、空き状況確認次第返信いたします。施術中、または予約状況により即返信できないこともございます。本文内に、お電話番号を記載ください。折り返しこちらから予約をおとりできるかどうかご連絡いたします。

※施術中はお電話に出ることができません。折り返しご連絡いたします。非通知設定の場合は、設定を解除するか番号の頭に186を付けておかけください。

今後ともウェルネスセラピーカイロプラクティック・ウェルネスセラピープラスをどうぞよろしくお願いいたします。

~ ウェルネスセラピー ~
住所:大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

投稿日:2018/01/18

寝違えの治し方

2018/01/12【 症状と療法

先日久しぶりに、寝起きに首が「グキッ!」っとなりました。item.569.0

やった瞬間

『やばい!』

と思ってとっさにした行動により、5分も経たずに何事もない状態になりました。

今日は、そんな【寝違い】の時にできる対処法についてシェアしたいと思います。

 

やることは簡単です。

痛めた場所を近づけてください。例えば、下図のように左首を痛めたとしたら、首を左に傾けるだけです。

nechigaeこの時のポイントは2つです。

①寝た状態で行うこと
②少しだけ首をそらすこと

注意点も2つ。

③もまないこと
④ストレッチしないこと

 

今回、私の場合は前日までの食べ過ぎが原因だったと思われます。首の痛みが取れたあと、自分でお腹への施術をして以降再発していません。

症状が治まった後に、直接症状の原因と思われる部分をケアすれば、再発の予防ができます。

「つい最近も痛めたばかりなのに…」
「ここ最近よく起こるんです」

こんな時は、

【症状が治まる=治った】

と勘違いしてしまっているかもしれません。

 

何度も繰り返してしまう症状、慢性的に辛い思いをされている症状は自分次第で改善できます。一緒にゴールを目指し歩き始めましょう。ウェルネスセラピー・カイロプラクティックは、これからも本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

 

住道駅すぐ
住所:大阪府大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

投稿日:2018/01/12

坐骨神経痛とは

2018/01/06【 症状と療法

「他院で坐骨神経痛と言われました。」
とご相談を受けることがあります。

今日は、殿部(おしり)から足にかけての痛みやしびれ、違和感がある時によく耳にする【坐骨神経痛】について、シェアしたいと思います。

 

坐骨神経痛は、脊椎脊髄病用語辞典によると

『腰仙部坐骨神経の支配領域、すなわち殿部、下肢後面あるいは外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を呈する症候群の総称』

と記載されています。

つまり、坐骨神経痛とは『坐骨神経が何かしらの障害を受け、おしりから膝上部までに症状が出ているものすべてをまとめた呼び名』ということで、病名ではありません。

 

<坐骨神経痛症状を伴うもの>
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎分離すべり症
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎変性すべり症
・馬尾腫瘍
・腰椎腫瘍
・骨盤内腫瘍
・梨状筋症候群
・帯状疱疹
・末梢神経炎
・変形性股関節症
・姿勢的要因
・心理社会的要因 など

 

だから

「足が痛くて歩きにくいんです」
「坐骨神経痛ですね」
「そうですか」

と納得しないでください。
坐骨神経痛は上にも書きましたが、原因が様々で、病気~生活習慣まで深刻度に幅があります。

 

【坐骨神経痛】と医師や接骨院の先生から伝えられた場合は、
「なにが原因で坐骨神経痛になったのでしょうか?」
と詳しく聞いてみてください。

そうでなければ、もし仮にセカンドオピニオンを受けても、A先生は坐骨神経痛、B先生は脊柱菅狭窄症と伝え方が違った場合、同じ話をしているのか、違う話をしているのかが分からなくなってしまうこともあります。

また『詳しく聞く』というと拒否反応を出す方もいますが、ご自身の体のことです。「難しい話は分からないから」と他人事になるのではなく、自分でも分かる言葉で説明してほしいと伝えれば、必ずちゃんと説明してもらえます。

「神経はレントゲンでは写らないので、詳しく知りたければ総合病院でMRI撮れるように紹介状を書こうか?」と言ってくれる先生もいるかもしれません。

どんな場合でも、原因が分かればそれに適した対応が可能になりますし、何よりも苦しんでいる当事者が気持ち的にも楽になります。

 

病名が付く付かない関わらず、ウェルネスセラピーでできることは保存療法のうちの1つになります。

例えば、痛みが姿勢によって変化する場合、体が無理なく痛みが最も少ない姿勢になりやすい状態を目指して施術を重ねていきます。座っているとマシなら、立っていても座っている状態に近い姿勢を作るイメージです。

一度に不快な症状のすべてを取り除くことは難しいですが、一歩ずつ軽減していく感覚が持てるようお手伝いします。一緒にゴールを目指しましょう。ウェルネスセラピー・カイロプラクティックは、これからも本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

 

住道駅すぐ
住所:大阪府大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

自分ではクセや姿勢、生活習慣病が原因だと思っていても、実はそうでない可能性がある時は、状態に合わせ医師の診断を得て頂く場合があります。あらかじめご了承ください。

投稿日:2018/01/06

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号 08025321451

トップへ