スタッフブログ

筋肉を柔らかくする方法

2016/01/27【 症状と療法

ウェルネスセラピーでは、揉みほぐしはしていません。

「マッサージしないでどうやって固くなった筋肉を柔らかくするの?」
と聞かれることがあります。

筋肉を硬い柔らかいだけで話しをする時、最も大切なのは、筋肉の今の状態を知り、なぜ硬くなっているかを理解することだと考えています。

なんだか難しそうな話に聞こえますが、内容を聞くとすごく簡単なので、

・いくら揉んでも善くならない!
・毎日揉んでもらいたい!
などなど慢性症状にお困りの方はぜひ最後まで読んでみてください(*^^*)

 

では、仕切りなおして・・・
筋肉はどんな状態の時に硬くなるでしょう?

主には3つです。

①縮んでいる
②伸びている
③縮まされている

そのうち、マッサージが有効なのはだけです。
特定の筋肉を繰り返し使用した時に起こります。

でははどうでしょうか?
筋肉はこの状態でも硬くなります。①との違いは、既に伸ばされている状態ということです。これ以上伸ばされないための防御反応で硬くなっているところです。したがって、揉みほぐして更に伸びるようにしてしまうと、体は今までと同等かそれ以上の硬さで抵抗します。「せっかくこれ以上伸びないように固めてたのに!だったら前以上の硬さになってやる!」みたいな感じです。

の場合はどうでしょうか?
③は、①と同じように縮んでいますが、原因が筋肉とは違うところにあるときに起こります。例えば、お腹がいたい時ヒトはお腹に手を当て体を丸めますよね。この時の腹筋は、伸びて腹圧が高まらないように脳の命令によって縮まされています。②と同様、ムリに伸ばそうとすると同等かそれ以上の硬さで体は抵抗します。

つまり、体が必要で硬くなっている筋肉は触ると、倍返しに合うということです。

 

に繰り返し揉みほぐしを行うと…>

・慢性的に筋肉が硬くなる
・姿勢が崩れる
・シビレや突っ張り感、コリ感、痛みを伴うようになる
・重大な疾患を見落とすことになる

正常に戻れなくなるまで悪化する前に、
「揉まれていないのにこんなに変わるの!?」
をぜひ体験しに来てください。

 

※ウェルネスセラピーでは、筋肉を硬さだけで診ることは絶対ありません。

状態にあった療法で快適な日常生活を一緒に取り戻しましょう!
ウェルネスセラピー・カイロプラクティックは本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

投稿日:2016/01/27

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号:08025321451