スタッフブログ

肩にできたコブは何?

2018/02/17【 症状と療法

肩こりや頭痛の症状で来院される方で、肩にコブができてしまっている方がいらっしゃいます。

「このコブは何ですか?」
というご質問を受けることがあります。

肩周辺にできるコブには粉瘤や脂肪腫など様々なものがありますが、実はマッサージなどの揉みほぐしによりできる場合があります。おそらくほとんどの方はこれが原因です。

筋肉は強い力で押し付けたり、必要以上に伸ばされると線維が傷つき、出血しカサブタのようなものが身体の中にできます。
皮ふでも、傷つくと出血しカサブタができますよね。
それと同じだと思ってください。

繰り返し傷が付けられると、そのうちそこの筋肉は硬くなってきてます。
硬くなったところは柔らかいところと比べ伸びにくくなるので、

例えば肩首周辺の筋肉であれば、

・肩がこる、痛い
・首が動かしづらい
・つっぱり感がある
・座ってるとダルくなる
・締め付けられるような頭痛がする

などの症状が出てきてしまいます。このせいで腰痛になる方も少なくありません。

そして症状が慢性化している多くの方は、こんな時マッサージという選択をしてしまっています。

この選択がコブを作る原因になっています。

皮ふでもそうですが、カサブタができると痒みが出たり触りたくなりますよね。
痒いからと掻いてしまうとまた出血します。
それを繰り返すことで、いつまでも治らず皮ふはいずれ硬くなり傷として残ります。

筋肉でも同じです。

治ろうとする時にグリグリ触っていたら治るわけがありません

一度に全てを取り切ることはできませんが、コブができるスピードよりも早く、筋肉が治ればコブはなくなります。

状態によって全てのコブがきれいスッキリとまではいきませんが、この悪いサイクルを断ち切ることで、多くの方がある程度までは改善してきます。

・早期対応で、できるだけ被害を拡大させない!
・これ以上症状を進行させない!

たったこれだけのことで、頭痛や肩こりなどの症状は大幅に改善しますよ。

<こんな方はご相談ください>
 ・いくらマッサージを受けても改善しない
 ・気がついたら肩にコブができている
 ・以前より強い力で揉んでもらわないと効かない

(頭痛・肩こりでお困りの方はこちらでより詳しくご紹介しています)

 

ウェルネスセラピーでは、マッサージや揉みほぐしが原因でできた【肩のコブ】を元の状態に近づける施術も行っています。一緒に症状の改善を目指して頑張りましょう!

投稿日:2018/02/17

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号:08025321451