スタッフブログ

「治る人・治らない人」の差

2021/01/26 【 症状と療法

 

症状の原因は、なんだと思いますか?

 

いきなりですが
「症状の原因により治りやすさが違う」ことはご存知ですか?

毎日多くの患者さんにお会いしていると、治りやすそうな方と、治りにくそうな方が分かってきます。

当然セラピストとして、どちらの方にも早く治ってほしいので、特徴に合わせ対応しています。

 

具体的には

治りやすそうな方は『治療』に時間をかけ
治りにくそうな方は『状態を理解していただくこと』
に時間をかける

ということをしています。

 

もちろん症状の程度や種類により、改善までのスピードは異なりますが、大切なことは1つ。

「治療院は、原因を取り除くところ」ということです。

 

治療院は原因を取り除くところ

 

僕たちセラピストには、

「取り除ける原因」と
「取り除けない原因」があります。

例えば、
「PC作業が続くと、肩がこって困っています」
という依頼がきたとします。

この方の原因は、PC作業が続いたことです。
その結果として、肩こりになりました。

原因を取り除けば、結果を変えることができます。

 

ここまでは、多くの方が理解できていますが、

「僕たちセラピストが、この方のPC作業を止めることができない」ことに気づく方は意外にも少ないんです。

 

そう!
つまり、この方の肩こりを治す方法は

①PC作業が続かない工夫をする
②PC作業が続いても肩がこらない環境を整える
③PC作業をしない

⇧の3通りくらいしかありません。

 

ギリギリお手伝いできるものは、②の肩がこらない環境作りです。

・姿勢が崩れにくい座り方を伝える
・その座り方に適応した姿勢に変える
・間違った予防法をしていないか確認する など

になります。

 

治りやすそうな方はココが違う

 

治りやすそうな方は、「PC作業が続いても、肩がこらない環境を整える」ために治療院に来られます。

治りにくそうな方は、「PC作業が続くと、肩がこって困っている」状態を改善するために治療院に来られます。

微妙な差ですが、この差が明暗を分けます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?
あなたの悩みは、セラピストが解決できそうな悩みですか?

 

もし分からないようであれば、ウェルネスセラピーのような治療院へ行った時に聞いてみてください。

 

「自分の悩みのうち、ここで治るものと、治らないものを教えて下さい」

 

親身になってくれる治療院なら、必ずその両方を教えてくれるはずです。

ではまた

投稿日: 2021/01/26

「ゆがみが症状の原因」と思っている人は治りません

2021/01/12 【 骨盤・姿勢矯正

今回は、【ゆがみ】について正しい解釈をお伝えします。

おそらく、この記事を読んでいただいている方は

 

「ゆがみが症状の原因のはず」

 

と、心のどこかで思っている方が多いのではないでしょうか?

じっさい、街中の看板などでそのように書いているものも見かけます。

 

今回は「その言葉を信じていると、いつまでも治らない」という内容です。

「教えてもらう前と後」で見方が変わりますよ。

 

1.【ゆがみ】が症状の原因でない理由
2.【ゆがみ】がない=関節が動かない
3.症状の原因は「ゆがめないこと」「ゆがみすぎること」

 

1.【ゆがみ】が症状の原因でない理由

成人のカラダは、206個の骨でできていて、それぞれのつなぎ目には関節があります。

関節が動くと、カラダは【ゆがみ】ます。

つまり、カラダは始めから【ゆがむ】ようにできているんです。

もし本当に、【ゆがみ】が症状の原因なら、カラダは1個の骨でできているべきだし、そのような進化をしているはずです。

しかし、世界中探してもそんな生物がいないのは、【ゆがみ】が生きていく上で必要なシステムだからです。

 

人は生活する上で必ず【ゆがみ】を起こします。

 

世界中の人々が動くたびに

「痛い痛い」

と言っていないのは【ゆがみ】が症状の原因ではないからなんです。

 

2.【ゆがみ】がない=関節が動かない

「【ゆがみ】は必要だ」と言われてもなお、症状の原因にしたい方は少なくありません。

それを信じて投資してきた方は、特にそうではないでしょうか?

 

そんな方は、「【ゆがみ】がなければどうなるのか?」を想像してみてください。

もし、関節が動かなければ不便で仕方ないどころか、生活なんてできません。

・立てない
・歩けない
・座れない
・動けない …

 

【ゆがみ】があるから、その全てができるし、それ以上もできるんです。

 

3.症状の原因は「ゆがめないこと」「ゆがみすぎること」

 

症状の原因を、あえてカラダの【ゆがみ】だけで表現するのなら、⇩のような場合がそれにあたります。

・棒のように曲がらないカラダ
・タコのように柔らかすぎるカラダ

 

そうなんです!

 

例えば、

「柔軟性がない」と症状は出やすくなりますし、

「捻挫した足首のようにグラグラ」でも症状は出やすくなります。

じつは多くの方は、この極端な例だと「そんなの当たり前だ」と理解しているにも関わらず、姿勢の変化という小さいものだと、急に理解することをやめ、それっぽいことを言う人の言いなりになっています。

 

理解できれば

【ゆがみ】を否定している人から、「関節の動き」や、「筋肉の柔軟性」を指導されるのは矛盾していることに気づきます。

 

矛盾の先に『症状の改善』があるなんて信じられますか?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、勘違いされやすい【ゆがみ】についてシェアしました。

「体について考える」というのは、専門用語が多く、とても難しく感じますが、今回のように簡単な言葉だけで説明されれば、意外と理解できたのではないでしょうか?

 

人には必ず【ゆがみ】があるにもかかわらず、それを悪いものに仕立て上げることで、商売をしている業者には騙されないようにしましょう。

 

そのためにも、まずは自分が分かる言葉で理解することです。

分からなければ、聞いたらいいんです。

 

「それっておかしくないですか?」

「言ってる意味が分かりません」

「素人でも分かる言葉で説明してください」

 

質問が出にくい方に向けて参考になる動画があります。

よかったら参考にしてみてください。

 

ウェルネスセラピーは、本気で症状と向き合う方々を全力で応援していきます。

ではまた

投稿日: 2021/01/12

O脚・X脚矯正を始める前に知っておいてほしいこと

2021/01/05 【 骨盤・姿勢矯正

今回は足の形、「O脚」「X脚」の矯正について、ウェルネスセラピーの考えをお伝えします。

形状や、負担のかかり方などの説明は、他のサイトを参照していただくとして、ココでは【矯正を受ける前に考えておかなければいけないこと】をシェアします。

 

  1. 治る/治らない O脚、X脚の違いとは…
  2. 矯正期間中は、クツが片減りするたびに新調してください
  3. 矯正期間が終わるまで、ヒールは避けてください

 

1.治る/治らない O脚、X脚の違いとは…

O脚、X脚は

  • 「大人になるまで」にできた変形
  • 「大人になってから」できた変形

の2つに分かれます。

足の形は⇧の枝のように、すべての人が真っ直ぐに近い形をしているわけではありません。

  • 自然に真っ直ぐになった枝もあれば
  • 自然に曲がった枝もあります
  • 何かの障害物を避けるために曲がった枝もあれば
  • 真っ直ぐの枝に重いものをぶら下げたせいで曲がった枝もあります

⇧で青に塗ったものは、一度曲がっても真っ直ぐになる枝です。

ピンクに塗ったものは、真っ直ぐにはならない枝です。

 

では、1つ質問です。

「真っ直ぐにならない枝を、真っ直ぐにしようとしたらどうなりますか?」

… …

答えは「折れる」「真っ直ぐにはならない」が正解です。

 

話をO脚、X脚に戻しても、同じ様に考えてみてください。

生まれつき真っ直ぐな足

成長しきった後で曲がった足は、【真っ直ぐになります】。

最初から真っ直ぐではない足、

成長の過程で外力により曲げられた足は、【真っ直ぐにはなりません】。

真っ直ぐにならない足を、無理やり矯正すると何かしらの症状が出てしまいます。

 

もちろん、もともと曲がっていて後からさらに曲がる場合もあります

この場合は、後から曲がった分だけが戻ると考えてください。

 

2.矯正期間中は、クツが片減りするたびに新調してください

O脚、X脚の矯正を望む方は、まずは新しいクツを新調してください。

底が片減りしたクツを履くということは、斜めの場所に立っているのと同じです。

 

足は足元の傾斜に合わせて曲がっていきます。

以前に、「最近O脚になった」という方がクツを新調しただけで治ったケースもありました。

傾斜が残ったままで、真っ直ぐにすることなどできません。

 

また、いくら元々はまっすぐな脚といえども、長年かけて曲がったものを一瞬で戻すことなどできません。

しばらくは、片減りすることもあります。

 

減ってきたら交換し、できるだけ平らなところに立つ環境を整えましょう。

 

3.矯正期間が終わるまで、ヒールは避けてください

足の傾斜は、左右だけではなく、前後にも存在し、それは足のねじれにつながります。

立ったまま前屈していただくと分かるのですが、通常、体は前に倒れそうになると、膝は内側に回旋していくことでバランスを取ります。

このとき、左右の膝はO脚のように離れていきます。

つまり、坂道に立ち続けている状態(ヒール)では、足を真っ直ぐにすることは難しくなります。

 

ヒールを履くのは、一度リセットしてからにするか、週に1~2回程度まで減らしましょう。

 

まとめ

コンプレックスを治す矯正は、とても魅力的なものですが、悪く言えば『情弱ビジネス』でもあります。

 

情報弱者から、どんどん時間とお金を奪っていきます。

治せないものまで「治せる」と言い、高い回数券を買わされる人は少なくありません。

 

お気持は分かりますが、「できないものはできない」と諦める必要がある時もあります。

 

できないものにひたすら時間とお金を割くのではなく、少しでも軽減できる方法に切り替えていきませんか?

ウェルネスセラピーは、今年もそんな方々を全力で応援していきます。

ではまた

投稿日: 2021/01/05

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号 08025321451

トップへ