頭痛・肩こり・ストレートネック

痛みの種類を見極めて根本改善

このようなお悩みはありませんか?
  • 肩がこって頭痛がする
  • 頭痛薬が手放せない
  • 慢性的な肩こりなので諦めている
  • マッサージをしてもスッキリしない
  • 薬を飲んでもスッキリしない頭痛
  • 肩は柔らかいのにだるい肩こり
  • 楽な姿勢だけど首が疲れる ストレートネック

大東市 ウェルネスセラピー | 頭痛について

頭痛の施術

頭痛にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴により施術方法・対処方法が全く異なります。もしも、慢性の頭痛で悩まれているのであれば、良かれと思っている対処法が、自分の頭痛タイプでは悪化する原因になっているかもしれません。

根本改善するためにしっかりとした見極めが必要です。どのタイプの頭痛で、どこまで日常生活を変えられるのか原因をお伝えした上で、体のバランスを整えます。座り仕事は座り仕事、立ち仕事には立ち仕事に必要な筋肉や関節バランスがあります。

一人ひとりに合った筋肉や関節のバランスを調整することで頭痛は解消します。今ある痛みだけではなく、頭痛薬そのものを手放したい方におススメの施術です。

大東市 ウェルネスセラピー | 頭痛の施術法

ウェルネスセラピーでは、頭痛の患者様が来られた時、以下の手順で検査~施術を行っています。

  • 問診

    緊張性の頭痛か、偏頭痛か、その他の頭痛かを問診でしっかりと見極めます。

  • 説明・提案

    痛みの種類で施術方法も変わります。緊急性の高い頭痛の場合は、セカンドオピニオンのご提案をさせて頂いております。

  • 施術

    緊張性頭痛と偏頭痛は改善法が真逆になるため、混合型の場合は、症状が強い方から改善させていきます。

緊張性頭痛

特徴
  • 昼から夜にかけて痛みが増す
  • 頭全体が締め付けるような痛み
  • 肩や首のコリを伴う
  • 入浴後や、運動後など血行が促進されると楽になる
原因
  • 女性ホルモンの崩れ(PMSなど)
  • 骨を鳴らすクセがある
  • むち打ち等の後遺症
  • 姿勢の歪み
  • ストレス
  • 体の冷え
  • 首をねじってバキッと鳴らされたことがある

偏頭痛

特徴
  • 朝から痛みが長時間続く
  • ドクドク脈打つように痛む
  • 吐き気を伴う事が多い
  • 体を動かしたり、頭を下げた時に強い痛みが出る
原因
  • 睡眠時間が少ない、又は多い
  • 自律神経の乱れ
  • 女性ホルモンの減少
  • 飲酒や喫煙

その他の頭痛

  • 群発性頭痛
  • 頭部外傷
  • 頭部血管障害
  • 脳腫瘍など頭蓋内疾患
  • 風邪などのウィルス
  • 二日酔い、薬の副作用
  • 高血圧、低血圧
  • 眼、耳、鼻、口腔、精神疾患

緊急性の高い頭痛の特徴

  • 突発的で激痛
  • 嘔吐、発熱、めまい、口語障害、手足麻痺などを同時に起こす場合
  • 頸部硬直、高熱
  • 3~6ヵ月以内に頭部外傷歴がある
  • 徐々に悪化している

※ウェルネスセラピーでは、緊急を要する”その他の頭痛”と判断した場合、先ずは医師の診断を得るよう提案させていただくことがあります。

※病院で検査した結果、特に問題無いと診断された場合は緊張性頭痛偏頭痛の可能性が高くなります。一緒に改善を目指して頑張りましょう。

大東市 ウェルネスセラピー | 肩こり

肩こり施術

肩こりは、多くの症状の中で改善が難しいと言われているうちの一つです。その理由は、「肩こり」は他の症状と違い自覚症状、つまり感じている感想だからです。

簡単に言うと『肩こり=肩が疲れた』という感想です。

肩が固くても柔かくても、本人が肩こりを感じているのであればそれは肩こりなんです。周りにもいませんか?肩がカチカチなのに肩こりを感じたことのない人やすごく肩が柔らかいのに肩こりを感じている人が。

肩を触って「肩がこっていますね」と言われた経験があると思いますが、硬さだけでコリは分かりにくいのです。

第三者が肩を触って分かるのは肩こりではなく、肩痛や肩が疲れそうな状態です。肩が疲れそうな状態になっていても、その他の筋肉や関節のバランスがよければ「肩が疲れた」と感じにくくなります。

自覚症状なら、肩こりは治らないの?と言われることがありますがそうではありません

肩こりという言葉を「肩が疲れた」という簡単な言葉に置き換えるとよく分かります。肩が疲れるには理由があります。肩や腕を使いすぎれば、「肩こりになる」「肩が疲れてしまう」のは当たり前ですし、使い方が悪くても必要以上に疲れがたまり、疲労が抜けなくなってしまいます。

大東市のウェルネスセラピーでは、筋肉や関節のバランスを整えることで、肩だけにかかっている負担を全身に分散させ、肩の痛みや肩の疲れを翌日には持ち越さない感じなくなっているという状態を目指しています。

大東市 ウェルネスセラピー | 肩こりの原因

肩が疲れる原因と、肩こりになりやすい方

  • 怒り型・なで肩

    肩が上がっている怒り肩、肩が下がっているなで肩。

  • 猫背・ストレートネック

    首が前に突き出ているストレートネック、猫背の方。

  • 血行不良・冷え性

    血行不良や、冷え性の方。

大東市のウェルネスセラピーでは、肩こり改善のためにまずはどのタイプなのかを見極めます

痛み止めやマッサージは、肩を使い過ぎている方には効果がありますが、デスクワークが多い方や、体温調節が苦手な冷え性の方、肩がうまく使えない姿勢の方には悪化したり慢性化してしまう原因になることがあります。

現代社会において、肩を動かし過ぎる仕事や日常を送る方はそれほどいません。それよりはデスクワークや長時間座る生活により、肩を使わなすぎている、肩が使いにくい姿勢である、体温調整が苦手だという方のほうが圧倒的に多くなります。

肩こりになってしまう原因のほとんどは、姿勢バランスの崩れと、自律神経バランスの崩れにあります。

例えばストレートネックの場合、首が前に突き出た状態で前後のバランスをとっている人を首だけ後ろにしたら重心は後ろに行くので、当然そのまま後ろに倒れてしまいます。数時間は他の筋肉が無理やり働いてその姿勢をキープしていたとしても、疲労とともに、首は再び重心が安定する前方に戻ります。

この時、脳は先程くらいの前方移動だとまた後ろにされるかもしれないという防御反応から、「もっと強い肩こり」「首をさらに前方へ移動」という警報を鳴らします。

そうとは知らず、また首を戻す→症状悪化→戻す・・・を繰り返すといわゆる慢性化ということになります。体は防御反応を痛みという形に変えて表現します。痛みに合っていない施術をすると、もみ返しや身体のだるさ、肩こりの再発になってしまいます。

ストレートネックの場合、そもそも首が前に出てしまっている理由さえ分かれば、そしてそれを改善すれば首は前に出る必要がなくなるんです。それを見つけ改善するのが、ウェルネスセラピーです。

大東市 ウェルネスセラピー | ストレートネックとは?

ストレートネック

正常と言われている首の形は、少し後方へ反っています。この反った状態で、顔は正面を向くので、首が真っ直ぐな形になると、顔は少し下を向くことになります。

現代社会において、ほとんどの方が下をむくことが多い生活をしています。そのため、レントゲンという特殊な写真を撮る時、「まっすぐ正面にある点を見てください」などという具体的な指示がなければ、下を向いて写ってしまいます。その瞬間をとらえた特殊な写真は、まっすぐになった首を写すのです。

ストレートネックの方を施術する上で絶対してはいけない危険行為バキバキする矯正、首周辺に対するマッサージです。いずれも、別の症状や症状悪化、慢性化につながります。

根本原因に施術

拒否反応なく症状を改善することができます

好転反応

痛みに直接施術
  • 「ここ触って欲しくないのに…」
  • 「今はこの位置が楽なのに…」

もみ返しなど防御反応
(症状の悪化、追加症状)を起こします

悪転反応

大東市 ウェルネスセラピー | 症例

症例 | 大東市 肩コリ 顎関節症 20代 女性

慢性の肩コリでウェルネスセラピーに来院されました。顎関節のゆがみが酷く、体全体のバランスが崩れ、負担が肩と腰に二次的なゆがみを作っていたのが原因でした。

ご本人様も顎関節のゆがみについて驚かれ、顎関節の調整をすると肩コリも大幅に軽減されました。

8回の施術で体全体の筋肉と関節のバランスが整いました。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

症例 | 大東市 頭痛 50代 女性

一日3回以上、毎日痛み止めを服用しても頭痛が治まらない状態が何年も続いていていた方です。

筋性頭痛と偏頭痛が合併していた、対処法が真逆の難しいケースです。

症状の強い方からアプローチして、2回めで頭痛を感じる回数が週1回まで軽減しました。

幼稚園の先生をされている方で、下を向く姿勢と起こす姿勢の繰り返しが、背骨の生理的湾曲と言われるS字のバランスを崩してしまっていたことが原因でした。

長年の様々な対処法により、体は全身をかばいあってしまっていました。絡まった糸を一本ずつ解くように症状を吸収できる姿勢を作りました。

初回から2ヶ月過ぎた現在は、月2回程度の頭痛を0回にするため継続的に来院しています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

症例 | 大東市 頭痛 30代 女性

偏頭痛(血管性頭痛)が辛いと来院されました。

偏頭痛のお薬は、血流を抑え血液の中に入っている痛み物質を流れにくくしたり、痛み物質の生成自体を減らすことで痛みを抑えます。しかし血液循環を悪くするので、同時に冷えを起こしてしまいます。

偏頭痛だと自己判断で頭痛薬を服用したが、実は血行不良からくる頭痛だった場合、薬の副作用にも書いてある「頭痛」になることがあります。薬が慢性化の始まりになる典型的な例です。

現在では、頭痛もなくなり喜ばれ、引き続き体のメンテナンスのために来院されています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

大東市 ウェルネスセラピー | 患者様の声

大東市永野町 肩こり 43歳 R.Mさん

昔から肩こりなどに悩まされ、色々なマッサージにその都度行ってはその時限りの気持ち良さでおわり…

数日後にはまた痛みが…のくりかえしの体でした。

それがウェルネスセラピーさんに来て1回目だけで、今までの体とはあきらかにちがい、痛みもなかなかあらわれず!!びっくりでした。

2回目のあとは約1ヶ月大丈夫な体に本当に自分の体!?とびっくりしています。

これからもお願い致します。

規定に従い、一部表現を変更しています。
「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

大東市 肩こり 30代 Hさん

長年の肩こり、背中こりについて、原因と対策をていねいに説明してから施術していただけるので、安心してお任せできます。

また、日常生活における注意事項も教えてもらえるので参考になります。

規定に従い、一部表現を変更しています。
「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

お問合せはこちら|大阪府大東市 ウェルネスセラピー

電話番号:08025321451

ページトップ