スタッフブログ

ストレッチしてもすぐに硬くなる方へ

2016/09/03【 症状と療法

「筋肉をストレッチしてもすぐに硬くなってしまいます」
先日こんなご相談を受けたので、一部をブログでもご紹介します。

ストレッチは、もっとも手軽で誰でも行いやすい筋肉をほぐすセルフケアですが、やり方を間違うと逆に筋肉を硬くしてしまいます。またスポーツなどの運動をしている方は、パフォーマンスの低下につながることや選手寿命を短くしてしまうことがあるので、ストレッチは正しい知識と方法で行うことが大切です。

(正しい知識の一例)
・体には、ストレッチが効果のある筋肉と、逆効果の筋肉がある。
・効果のある筋肉と逆効果の筋肉は、同じストレッチ方法で伸びてしまう。

(正しい方法の一例)
・効果のある筋肉だけ伸ばし、逆効果の筋肉は伸ばさない方法で行う。
・継続的に「逆効果の筋肉」を伸ばしてしまっている場合は、関節を安定させないと、いつまでも筋肉はすぐに硬くなる。

つまり、ただ闇雲にグイグイ引っ張って伸ばすと、筋肉は硬くなってしまって当たり前ということです。

いくらストレッチしてもすぐに硬くなってしまうことでお困りの方は、一度ご来店下さい。はじめは硬かった筋肉も、柔らかく伸びる状態が持続できるようになりますよ。

正しいストレッチを行い
・ケガをしない体
・運動のパフォーマンスが上がる体
・健康な体
・症状が出にくい体
を手に入れましょう!

ウェルネスセラピー・カイロプラクティックは本気で症状改善と向き合う方を全力で応援しています。

 

住道駅すぐ
住所:大東市末広町1
メール:wellnesstherapy.1093@gmail.com
TEL:080-2532-1451

投稿日:2016/09/03

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号:08025321451