スタッフブログ

「寝起きの肩こり」かんたんセルフケア法

2022/08/05 【 症状と療法

今回は、「寝起きの肩こり」をかんたんに解消するセルフケア法を3つお伝えします。

特別な知識やコツはなく、今日からすぐに始められるので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

症状は就寝前が原因

痛みや痺れ、眠気や吐き気など、症状には様々なものがありますが、みなさんは体に異変を感じたとき、

「あれ?さっき何かしたかな?」
「昨日のあれが原因かな?」

と、直前や数時間前の行動を疑いませんか?

 

「寝起きの肩こり」も例外ではなく、解消するためには、寝起きの前・・・

つまり、就寝時や就寝前の行動の見直しが鍵になります。

 

解消するためのセルフケアは、4つだけです⇩。

 

<症状改善に役立つ4つの見直すこと>

① 夜に肩まわりのマッサージをしない
② 寝る前にストレッチしない
③ マクラを外し、フェイスタオルを枕の代わりに敷く
④ 寝る前に長時間ソファーに座らない

 

「やる」よりも「やめる」が大事

勉強でもスポーツでも同じですが、「成功させるには、まずは成功しない方法をやめてから」になります。

「寝起きの肩こり」の場合は、前述した4つをやめることが先決です。

おおよそ2ヶ月程度「やめる」を続けるだけで、ほとんどの方の症状が解消します。

 

プロに頼るときの注意点

より早く改善したい方は、プロの手を借りる事をおすすめしますが、注意点があります。

今回お伝えした4つの方法は、いずれも「筋肉を伸ばさない方法」で、これはプロ・アマ問わず共有するべき情報です。

 

言い換えるなら、今回の症状は「筋肉を伸ばさず改善できるプロじゃないと治せない」ものです。

 

電話で、「マッサージやストレッチ以外で、筋肉の緊張を取ることができますか?」と確認してみてください。

 

できる先生なら、この症状を治してくれるはずです。

 

今回の記事が、症状改善に役だてば幸いです。
それではまた

投稿日: 2022/08/05

ストレッチポールで症状が悪化する人

2022/07/15 【 症状と療法

画像2

大切なのは「どんな人に向いていないか」

 

どんなものにも、「向いている人」と「向いていない人」がいます。

例えば、マラソンであれば⇩です。

[向いている人]長距離走れる、または走れる見込みがある人
[向いていない人]長距離走れない人、または走れる見込みがない人

 

分かりやすいですよね。
では、ストレッチポールの場合はどうでしょう?

 

おそらく、効果についてはよくご存知だと思います⇩。

・筋肉を緩ませる
・背骨を整える
・深い呼吸ができるようになる
*㈱LPN(ストレッチポール公式ページより抜粋)

 

しかし、コレらは「向いている人」でもなければ、「向いていない人」でもありません。

マラソンでいうと、「ストレス解消になる」と言っているだけです。

 

長距離走れない人にマラソンさせても、ケガの原因になるのと同じように、ストレッチポールも「向いていない人」がやってしまうと症状の原因になります。

 

「でもそんな事メーカーが言うはずがない」
「それでも、効果だけわかれば十分でしょ」

 

と思っていませんか?
でもそれは大きな勘違いなんです。

⇧公式サイトを要約すると

「前かがみの姿勢から適度なS字に変化してくると、前述した効果を得ることができる。またS字カーブを減少させる効果がある。」

と書いています。

 

つまり、ストレッチポールの効果を得られる人は、⇩C・Dの方のみとハッキリ書いています。

姿勢2

A:正常
B:S字カーブの減少
C:S字カーブの増大
D:前かがみ + S字カーブの減少

 

『前かがみ』というキーワードが入っているのはDだけ、S字が増大しているのはCだけです。

 

蛇足ですが、Aはそもそも正常なので、ストレッチポールをする必要がありません。

 

症状が悪化するのはこんな人

画像3

背骨のS字カーブは、上下の衝撃を吸収したり、筋肉にゆとりを持たし、活動しやすくするために存在しています。

ストレッチポールは、平たい棒を背中に当てるのと同じなので、S字カーブを減少させる効果があります。

つまり、やりすぎるとS字カーブが減少し、上下の衝撃を吸収できなくなり、筋肉にゆとりがなくなり、体は固くなります。

 

元々の症状の原因が、S字カーブの減少の方は、使うことで悪化して当たり前なんです。

 

先程のABCDでいうと、Bの方はまさにその典型的な姿勢になります。
注意して下さい。

 

C・Dタイプの方へ

 

ストレッチポールには、様々なメーカーやタイプがありますが、効果は基本的に同じだと思います。

私は正規品のポールタイプと、ハーフカットの2種類を持っています。

 

どちらか迷っている場合は、安定感があるハーフカットがオススメです。

 

まとめ

 

姿勢2

ストレッチポールは、きちんと扱えば比較的効果が高い商品だと思いますが、適用外の人が使うと、悪い方に大きな効果を出してしまいます。

 

ポイントは、「今の自分の姿勢がどうか?」です。

A:正常
B:S字カーブの減少
C:S字カーブの増大
D:前かがみ + S字カーブの減少

 

ちなみに、S字カーブを減らすのはセルフケアでできますが、作るのはとても難しいので、悩まれている方はプロにご相談下さい。

下手にチャレンジして失敗すると、無かったはずの症状が出たり、悪化の原因になります。

いかがでしたか?

この手の商品で失敗する方は、「コレを使えば効果が得られる」とメリットばかりに着目しがちで、デメリットを完全に無視してしまう傾向にあります。

チョットしたことですが、大きな差になります。

 

今回の情報をうまく利用して、自身の生活をより良いものにして下さい。

今回の記事が、「セルフケアで健康になりたい方」の力になれば幸いです。

それではまた

投稿日: 2022/07/15

ブログ一覧

お問合せはこちら|大東市 ウェルネスセラピー

電話番号 08025321451

トップへ